明けました。

みなさま、明けましておめでとうございます。カナダのバンクーバーも無事に2020年を迎えましたよ。4日前に。

さて、年明け早々ひたすらモデリングの作業でガンガンパーツを作りまくっているのですが、今日は、顕微鏡のベースと、ホールクロック(床置き式時計)のベースを作りました。

左:顕微鏡 右:ホールクロック

顕微鏡は、とりあえず制作中のラボに置こうと思います。全体的にアンティークな感じを出しています。仕上げでは埃をかぶっているような感じにしたいですね。

時計は現在制作中の天文台に置く予定ですが、時計のデザインはRig Rinaのロゴの形質をモチーフにしています。どうせ作るなら意味をもたせたいというわけです。

止まっている時計の時間にも意味をもたせたいです。今までもそうしてきたし、これからもそうしてみようと思います。動いている方がかっこいいですけどね。

2008年に制作した作品『shizuku』では時計をぶっ壊しました。今回は一体どうなるのでしょうか。常に時間はテーマになっているので、そういった角度からも作品をみていただけたらなと思う2020年最初の投稿でした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です